百二十円のお金で二百本の苗木が買えました。 その苗木を近くの
林の中に植え、そして、五本ほどは、庭に植えました。 長男も手伝い
ました。    やがて、戦争は日本が負けて終わりました。
 林の中に植えたリンゴの苗木は、黒田さんの丹精のかいもなく、日
あたりが悪いせいもあって、ひょろひょろでした。 でも、庭に植えた
リンゴは大きく育ちました。  作付統制令が解除されると、黒田さんは
、まっていたように、畑にリンゴを植えました。
 リンゴの産地にいっては、勉強もしてきました。
 そして、昭和二十四年(1948年)、ついにこの地でも、リンゴの実が
生りだしたのです。  それから、リンゴをつくる農家が年々ふえてきた
のでした。  いまでは、奥久慈観光リンゴとして、有名です。 黒田一
さんも、この地に、はじめてリンゴを植えた人として、広く知られるよう
になりました。
 リンゴ園には、たくさんのお客さんがやってきて、よく熟したリンゴを、
自分でもぎとって買っていきます。 幼稚園の子どもや小学生たちが、
観光バスで、もぎとりにやってきます。

黒田 一 ・きよの 夫妻

 黒田リンゴ園は、長男夫婦から孫夫婦へとひきつがれています。
黒田さんと苦労をともにしたおくさんは、昭和四十九年になくなりました。
 「リンゴが実ったら、たべにこい! おまえのかわりに植えたリンゴ
なんだから・・・・・・」
 黒田さんは、栗毛の馬にいうように、そうつぶやきました。
 1996年一月二十九日、黒田一さんは、九十七歳の生涯をとじました。
  子や孫に幸多かれと祈りつつ 前田の里に 我は朽ちなむ
 黒田さんの日記の中に、そう書いてあったということです。
農業の雑誌で、神奈川県でもリンゴがつくられることを知っていたので、
大子でもできるのではないかと思ったのです。 この小生瀬は、大子
でもとくに寒く、昼と夜の寒暖の差が大きいところです。  かえって
リンゴの栽培に適しているのではないかと思ったのです。

 つぎの年の春、埼玉県の安行から、リンゴの苗木をとりよせました。

P.4

 だが、はたして、この地でリンゴが実るだろうか・・・・・・。 黒田さんの
気持ちは、すこしゆらぎました。  しかし、考えはかえませんでした。 

昭和20年代